はじめに…エイサーとは?
エイサーとは、日本本土の盆踊りのようなもので、
お盆に盆踊りが行われるように、
エイサーも旧盆に行われる行事で、
自分の部落(地域)を道じゅねー(練り歩き)し各家々を回る。

8月15日の御送り(ううくい)を済ませた後から始めるところが多い。

このエイサー起源は
「ニンブチャーウドゥイ」(念仏踊り)
であると言われている。
以前はニンブチャー(念仏僧)が人が死ぬと家に招かれ、
鉦や太鼓を打ちならし念仏を誦しながら踊るものであった。


エイサーの歴史は500年以上もあるといわれている。
エイサーという呼び名は
「おもろさうし」(琉球の古い歌謡集)の40巻からきているという説や、
「エイサー、エイサー、ヒヤルガエイサー」のような
囃子からきているという説がある。



そして…
創作エイサー隊 炎舞太鼓とは?
2001年石垣島出身の『上里 好博』(現・炎舞太鼓隊長)が立ち上げる。
当エイサー隊は、伝統的エイサーの素晴らしさも残しつつ、
上里の考案した振り付けでエイサーを踊るエイサー隊である。

東京・千葉を中心に活動し、
石垣島初のエイサー祭り『あやぱに祭』を立ち上げ、
東京にて『さくらエイサー祭り』を主催するなど
エイサーの普及に力を注いでいる。



TOP